9月の石 サファイアをつかった開運継続ブレスの予約を受け付けます。

この記事は2分で読めます

サファイアは、品薄になっている高級パワーストーンです。

濃紺のきれいなサファイアをつかった、9月の限定製作品の開運継続ブレスは

メルマガ読者だけに、サービス価格で製作します。

本物のスピリチュアリスト、シャーマン、密教行者、カバリスト、アストロロジャー、

として卓越した能力をもち、セラピストとしても活躍している、ラクシューあやが製作する

「開運継続ブレスレット」は毎月、製作本数を限定して販売しています。

メルマガで注文受け付けをすると、即日に予約完売しています。

 

開運継続ブレスレットのバリエーションとして、誕生石をつかったブレスも販売企画していますが、

製作が注文に追い付かない状態なので、先行予約をを受けつけています。

9月の誕生石のサファイアと、ギベオン隕石、チベット天珠をつかった開運継続ブレスレットの

予約販売をご案内するメルマガを数日中に配信します。

 

サファイアとギベオンは8mm玉ランクはサファイア、ギベオン隕石ともに5Aグレード、

チベット天珠は、あなたのお名前で個別に開眼修法します。

 

 

サファイアの開運継続ブレスレットには、あなたの出生図(ホロスコープ)、

運勢診断書、開運継続浄化セット、開運継続サポートメールと、

サファイアの効果を高める、特別なプレゼントを用意しています。

サファイアの石言葉 慈愛、誠実、徳望


薄いブルーから濃いブルーまであり、ピンク、イエロー、オレンジ、グリーンなどがあります。

効果
サファイアを持つと自信がつき、成功を収めることができるといわれています。

また、イライラや心配事を吹き飛ばし、人を愛し、真実を探求し、貞節を守る能力を与えられます。

由来・伝説
サファイアはラテン語の青色が語源で、古くはすべての青色の宝石の呼び名でもあったようです。

哲学者、聖人の石と言われ、神の恩寵を受け精神の再生をもたらすと信じられたサファイア。

聖職者にこそふさわしい石と考えられ、枢機卿や司教の指輪にセットされています。

その指輪をした手で信者に触れることは、誠実や慈悲を与え、病を癒し、人々を悩みから救うことを意味しています。

サファイアはあらゆる宗教のシンボルです。サファイアが清らかさと神の王国の輝かしい力をあらわしているため、

キリスト教徒は、聖母マリアを象徴するものだと考えられています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。